忍者ブログ  ひとりごと 島を愛す

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/08/20 (Sun) |

島を愛す


島を愛す

① 山高くして 夢があり  
  山高くして 歌がある
  ここ最果ての 利尻よ礼文
  君をたずねて 姫沼悲し
  我ら 島を愛して 旅を行く

② 桃岩たどる 君の手に 
  エーデルワイス 花開く
  ここ最果ての 利尻よ礼文
  花に口づけ 峰ふりあおぎ
  我ら 島を愛して 唄う歌

③ 岬に今日も 鳥が鳴き  
  しぶきに嘆く 海馬の島
  ここ最果ての 利尻よ礼文
  何を語るか あの落葉松(カラマツ)よ
  我ら 島を愛して 北を行く

 

 

   利尻島、礼文島をたどり着き、思い出す歌がある。

『島を愛す』である。

ユースホステルの全盛だった30年ほど前に、北海道を旅する旅人の間で歌われていた。

夕食後のミーティングで必ず歌われていた。

もう忘れた、、、と思ってた歌だが、歌える。

身に沁みているのだろうか。

青春の光と影というべき色んな想い出の断片が懐かしく思い出される。

you tube では、他の北海道関連の歌はアップされているが、この歌だけない。

また『桃岩荘』が発売したCDにもこの歌はない。

それだけに妙に懐かしい。

 

 

 

PR
2009/07/04 (Sat) | Comment(0) | ひとりごと
COMMENTS
NAME :
TITLE :
COLOR :
MAIL :
URL :
COMMENT :
PASS :